ペリリュー 楽園のゲルニカ5巻〜太平洋戦争


ひょんな事で知って、1話を読んでから4巻が新巻で出た時にまとめて購入しました。
それからわずか数ヶ月の27日本日、5巻が出ました!!

太平洋戦争末期のペリリュー島での激戦を描いたコミックです。
相当過酷な戦地での戦いを絵柄がかわいい事もありしんどくならずに読めるのでとてもお勧めです。
戦争を考えさせられるコミックの5巻目です。

これから8月にもなるので、今年の戦争特番のドラマはてっきりこの「ペリリュー 楽園のゲルニカ」の
ドラマ化かと思ってました(笑)

しかし、まさかの「この世界の片隅に」とは・・・・

アニメ版は実はまだ見ておりません。
戦争物でアニメだったので、イメージは「火垂るの墓」だったので。
今もロングランなこの映画のTV実写版は毎週見てしまっています。

喰わず嫌いでした^^;;

とは言え
日本での戦争を体験した方々も少なくなってきているようです。
こういったドラマやアニメ、またはコミックで後世に伝えていくのは
私も含め、知らない世代にも有効だと思いました。

以前にも「ジュラシックワールド」で書いたかもですが
アメリカ側から見たスピルバーグ監督と俳優のトムハンクスさん制作の太平洋戦争のドラマ

『The Pacific』

こちらは原作があるのでかなりノンフィクションに近いようです。
描写が非常に生生しいのですが、所々「ペリリュー・・・」でも描写されているシーンなどがあるので
同じ時期の事なんだよなぁ・・・と、切ないような日本人としては辛いなとか。。。
非常に複雑な気持ちになります。

毎年巡ってくる事ではありますが、また8月がやってきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で